2021年4月21日水曜日

新緑の中をポタポタと…

 

1年以上「全く通勤せず」「ずぅ~っと在宅ワーク」な日を過ごしており、強烈なマグマのようなものが心の奥底から湧き上がってくるのを感じることが多くなってきました。

大噴火しちゃいけませんし、たまにはガス抜きも必要でしょ、ということで行ってまいりました、平日サイクリングでございます。

頼りないフィジカルに成り果ててしまってるので、いつもの神社へ往復するだけで精一杯。でも、人は少なく車も少なく騒音も少ないところで地べたに座って静かに休憩するのは、なんとも落ち着く時間でとても大切な空間なのであります。

河内堅上は新緑に覆われておりました。

大和川の土手はいろんな花が咲いて賑わっておりました。大和川CRは、蜂や昆虫が飛び交ってヘルメットや腕や胸にバシバシ当たったりするほどの賑やかさw

あ、そうそう。今日11:00頃でしたが、金山媛神社の手水舎に赤いフレームのアイウェアが放置されておりました。この記事を読んだ方でお気づきの方がいらっしゃいましたら、ご確認されてはどうでしょうかと思います。はい。


2021年3月23日火曜日

リハビリがてらの参拝サイクリングぅ~

 

なんと昨年6月以来のロードバイク de サイクリングでございます。

「昼間は暖かく風も弱いので…」という呑気予報…否、天気予報に騙されてフラフラと河内堅上まで出かけたのでありまする。

たしかに、天気は良かったけど、風が…。

ま、そういうのも含めて弱りきった自分を楽しんでまいりましたw

青谷や雁多尾畑の桜はまだチラホラ咲き程度で、本格的な鑑賞シーズンはもう少し先のような感じでした。


2021年2月9日火曜日

勢い余ってLANもWANも1Gbps化

先般の基幹ルーターの更改による改善に気をよくしてw、勢いついてるうちに「いっちゃえ!」てな感じで基幹SW-HUBをGbe対応製品にリプレース、さらにはWAN側サービスも1Gbps上限の品目に変更しちゃいましたよ。

まずは、新調したSW-HUBはこの2つ。
上のおっきい箱のが5portのTP-Link TL-SG505で、主夫が専有使用する端末だけがぶら下がるもの。2000円弱の品物ですがちゃんと動作します(当たり前)。
下のちっこい箱が8portのBuffalo LSW6-GT-8NSで、当家の家族全員様の各種端末が有線/無線を経由して繋がる基幹SW-HUBでございまして、宅財務大臣ご使用のパソコンが有線で、それ以外のスマホ等各種端末が無線でぶら下がるようになっております。密林通販で3000円弱でありましたが、こちらもちゃんと動作します(殴)。

この8port HUBはこれまでは100BaseTXのものだったので無線AP(Buffalo WSR-2533DHP)のフル性能が発揮できていなかったと思いますが、無線AP~HUB~ルーターの有線区間が全てGbe化されまして、けっこう快適になったのではないかと考えております。ようやくこれで、無線区間の802.11acが意味を成してきます。ま、端末単位での速度改善が無くても、多数端末の合算トラフィックによる帯域閉塞/速度低下は起こりにくくなっていると思われ、この改善がたった3000円で実現できたのは、かなりナイスな対応だったはず、と自画自賛しておりますが、家族全員様からは「ふーん。なんも分からん。ぜんぜん違わんし…」という極めて乾燥した感想がもたらされたコトは遺憾でありますw

WAN側の帯域変更は、Webから申し込んだら即変更がかかり、数分もかからないうちに適用完了…というスピード感溢れる対応でございました。

早速、キャリア専用の速度テストを実施してみました。

前契約の100Mbpsでは92Mbpsほど出ておりましたが、契約変更後は左記のように見事に改善しまして、これまたナイスな更改であったと感じております。
100Mbps契約はeoが商売を開始した初期の頃からずぅ~っと継続してきました。特段の不満は無く、在宅ワークでトラフィックが激増した後もまったく不満無く利用してきましたが、宅内がGbe化できたタイミングで「今なら1Gbpsへの変更がオトクだよ」というサービサーの「悪魔の囁き」が耳元で聞こえてきて、「じゃ、WANもGbeに…」という筋書きが脳裏に一瞬で出来上がってしまいましたのです。

帯域変更で月額費用が300円強ほど上がるのですが、その分は、同じキャリアのTVサービスの契約を変更することでバーターして、結果的に月額48円削減ということで財務大臣のハードルを越えることができました。(契約変更に対する手数料も無料になるキャンペーン中であった)

ということで、「ようやく…」ということではありますが、今ドキな通信環境にできたのではないか、と。ちょっとだけ安堵しております。

2021年2月6日土曜日

宅LAN基幹ルータ(笑)を更改

 

NEC Aterm WG1200HS4でございます。

更改前ルーターは「もう何年使ってるんやろうか…」と思い出せないぐらい前から使ってたBuffalo BBR-4HGでしたが、在宅の人数/時間が圧倒的に増え、と同時に爆発的に増加した宅内ネットワークトラフィック(それもストリーミング系)に耐えきれなくなってきた(なった?)のか「勝手に涅槃」なコトが多くなってきておりました。冷静に考えて、在宅ワークに於いてはネットワークが健全状態であることは必須であり絶対条件なので、このまま放置は危険と判断し(判断が遅いな…)今回の更改となりました。

特に無線は不要だったのですが、有線に拘ると選択肢が無くなるので「ルータ」と名の付くものの中から価格/機能等を考慮してこれを選択しました。

交換後の感触ですが、性能的には「前とぜんぜん違いますな」という当たり前の感想で、4~5000円ほどのものでもこの速度が得られるのはたいへんありがたいことです。

連続稼働の安定性はこれから使っていく中での確認ですが、実のところ宅LANの有線系は今だGbe化できていないので、今のところこのルータに極端な負荷がかかることは無いような気がします。

とりあえず、我が家にとっては「必要充分な機種」という感じ。

昨年10月8日発売開始の機種で開封時のファームウェアは ver1.3.0でした。一通りセットアップを終えて構成内容をバックアップした後ファームウェアを直近 2021/02/04 にリリースされたver1.5.1に更新しました。ファームウェアのアップデートは長く続けていただけると良いのですが…


2021年1月14日木曜日

涅槃シェーバーを蘇生してみる(Panasonic ES-ST29-K編)

 

2015年7月に購入し刃の交換は2度ほど経験。が、充電しても10秒ほどで電池切れ。充電できてなかったのか…と再充電するもすぐ充電ランプが消灯して「充電完了」。で、やっぱり、使い始めるとスグ電池切れ。

というので使用者の方がキレてしまって、やむなく、新しいシェーバーを購入。

したのですけど、その後になってから「もしかして…」と検索してみたら、出てくるわ出てくるわ、電池涅槃なシェーバーの蘇生記事が。

ということで、自分でもトライしてみることにしました。

このシェーバーに適合する電池を調べてみると純正電池型番はESLA50L2507Nらしく、それを検索してみるも廃盤で入手は絶望的のよう。

Amazonに左の写真の代替品があったのでそれを調達して、先達の記事にある通りに交換作業を実施してみた(と言うても、電池を嵌める方向(極性)に注意するぐらいで難しくもなんともない作業ですが)ところ、無事に蘇生が完了しました。というお話。

電池交換後の初回の満充電はほぼ1時間で終了。シェーバー本体が熱くなることはなく、充電後に何分間かヒゲを剃ってみましたがすぐに電池切れになることもなく、極めて普通に使える状態になったようです。あとは、充放電の耐性がどれぐらいか…ということですが、長く使ってみないことには分かりません。まぁ、しばらく使ってみてまた同じ症状になったら電池交換してみることにしましょ。

安易にモノを捨てたりせず、蘇生して使えるモノは使っていくのが清く正しい生き方ですよねw

【約2ヶ月経過後の状況】
土日祝祭日を問わず毎日使ってますが、全く問題が無い。1週間使っても電池消耗ランプが点灯することもありません。内外とも刃を交換しましたので、もうほぼ完全に「新品状態」になりました。この先も消耗品が長く供給されることを祈るばかりです。